読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴族探偵から入る麻耶雄嵩作品、私の勝手なおすすめ

相葉くん月9主演おめでとうございます!

貴族探偵ドラマ化おめでとうございます!

麻耶雄嵩作品がドラマ化される世界ありがとう!!

 

昨夜からずっとそわそわしていたのですが、正式に発表されたので、いてもたってもいられず今勢いだけで記事を書いています。

タイトルの通り、貴族探偵のドラマ化により麻耶雄嵩作品に興味を持ったジャニオタのために、麻耶雄嵩を読み始めるならこれがいいと思うよ!という個人的な見解によるおすすめ作品をご紹介したいと思います。

私自身、麻耶作品を読み始めてまだ4年ほどで、未読のものもあるのであまりえらそうなことは書けないのですが、初めて読んだときの「おそろしいものを読んでしまった」という気持ちをまだ鮮明に覚えているので、そういった点では今から読み始めようという方と近い立場にいるのかもしれません。

 

貴族探偵

短編集ということもあり、麻耶作品の中では読みやすい作品ではないでしょうか。ドラマ原作なのでまずこれを読むのが一番いいかなと思います。が、

 

推理などという〈雑事〉はすべて、使用人任せ…。
「趣味」探偵の謎の青年が、生真面目な執事や可愛いメイド、巨漢の運転手などを使い、難事件を解決する。
知的スリルに満ちた本格ミステリー!

 

Amazonの紹介文にあるように、探偵が推理をしません。私は安楽椅子探偵かな?と思って読み始めたのでびっくりしました。

いろんな意味で強烈なのでもしかすると今までミステリを読んだことがない方は少し混乱してしまうかもしれませんが、さすがの謎解きと独特の雰囲気でとてもおもしろい作品です。どんなドラマになるのか楽しみです。

 

メルカトル鮎木更津悠也シリーズ

長編作品。麻耶先生のデビュー作、「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」から始まるメルカトル鮎木更津悠也シリーズです。

デビュー作なので2番目にご紹介しましたが、合わない人は本当に合わないし(何においてもそうですが)、正直私は「なんかちょっと読みづらいな…」と思いました。しかし読了後の何とも言えない胸のうずうず、だまされた、楽しい!という気持ち、最高です。後味がいいとは言ってない。

 この作品からメルカトル鮎シリーズ、木更津悠也シリーズ、メルカトルと美袋(あえて分けます)シリーズとなっていくので、まさしく原点であります。

 

メルカトル鮎と美袋三条

メルカトル鮎シリーズに分類されるのですが、あえてわけました。私の大本命!

短編集です。現在「メルカトルと美袋のための殺人」「メルカトルかく語りき」の二冊が刊行されています。メルカトルと美袋のための殺人は解説に翼ある闇のネタバレがあるのでご注意ください。

あまりにも非道、ブラックでシニカル、倫理観って何だったっけ…?と混乱してしまう、それはそれはおそろしい短編集なのですが、探偵役であるメルカトル鮎の友人・美袋三条*1の視点で淡々と事件が描かれていて、読みやすい作品です。

 まず、探偵であるメルカトル鮎が、すごい。語彙力なくて非常に申し訳ないのですがもうすごいとしか言えない。人間性が無理。許せない。言動に難がありすぎる、傲岸不遜で傍若無人な銘探偵*2です。

二冊の短編集でメルカトル鮎(以下「メル」)がやっていることといえば、推理と美袋三条(以下「美袋くん」)をいじっていじめていびり倒すことだけです。美袋くんをいじっているときの彼はとても生き生きとしている。

 「哀しいかな、基本的に私は長編に向かない探偵だな」と自称する通り、短編ではメルの魅力と恐ろしさがこれでもかというほど表されていて、最初は「ふざけるな」「ひどい」「許すまじ」と思うのですが、だんだんと、この人すげえやばいのになんか…なんか…好き……と抗いがたい魅力にどっぷり浸かり、気が付けば未収録の短編を求めて大阪から東京の国会図書館まで行っていました。

ジャニオタにも覚えがあるでしょう?最初は何だこの子と思っていたのに、だんだんと惹かれていって、気が付けば全身沼に浸かっていてどうがんばっても抜け出せない状況。それです。

そして、語り手である美袋三条、通称美袋くん、二冊の短編集は彼の視点で淡々と進んでいくので、メルのことはよくわからないけど美袋くんはまあ理解できるかもしれません(共感はできない)

彼は大学時代からのメルカトル鮎の友人で、ミステリ作家です。メルの解いた事件をネタにしてご飯を食べています。そのためメルに対してちょっと強くでれないのですが、もともとの人間性が強いため、普通に強気です。私がため殺*3を読んで麻耶作品に転がり落ちたのは、メルと美袋くんのやりとりが非常に好みだったからです。お互い馬鹿にし合い、こきおろし、雑な扱いと嫌みの応酬で殺伐としているのに、やっぱり「友人」で仲が良い。そんなところにとても惹かれます。「いつか殺してやる」ってやばくない?鮮烈。

ただ、美袋くんも割とひどい性格をしているので、そこを楽しめるかどうかがポイントかなと思います。私はここまで突き抜けてると逆に最高だなという気持ちになりました。

 

神様ゲーム

悪いことは言わない、これを最初に読むのはやめたほうがいい。

 

 

以上が、私のおすすめ麻耶作品です。この記事で少しでも興味を持ってくださった方は本屋さんで探してみてください。絶版になっているものもあるのですが、ドラマ化の勢いで復刻してくれることを願っております。あと単行本未収録の短編!悪人狩り!よろしくお願いします。

ドラマ貴族探偵、本当に、本当に楽しみです。相葉くんは三毛猫ホームズに続き2作目のミステリですね。相葉君がどんな探偵になるのかわくわくします。推理はしないんですけど。

メルと美袋くんに偏ってしまい、肝心の貴族探偵が全然ご紹介できていないのですが、短編集ということもあり非常に読みやすい作品であると思いますので、是非一度お手に取ってみてください。

*1:みなぎさんじょう

*2:名探偵ではない

*3:メルカトルと美袋のための殺人