読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴族探偵から入る麻耶雄嵩作品、私の勝手なおすすめ

相葉くん月9主演おめでとうございます!

貴族探偵ドラマ化おめでとうございます!

麻耶雄嵩作品がドラマ化される世界ありがとう!!

 

昨夜からずっとそわそわしていたのですが、正式に発表されたので、いてもたってもいられず今勢いだけで記事を書いています。

タイトルの通り、貴族探偵のドラマ化により麻耶雄嵩作品に興味を持ったジャニオタのために、麻耶雄嵩を読み始めるならこれがいいと思うよ!という個人的な見解によるおすすめ作品をご紹介したいと思います。

私自身、麻耶作品を読み始めてまだ4年ほどで、未読のものもあるのであまりえらそうなことは書けないのですが、初めて読んだときの「おそろしいものを読んでしまった」という気持ちをまだ鮮明に覚えているので、そういった点では今から読み始めようという方と近い立場にいるのかもしれません。

 

貴族探偵

短編集ということもあり、麻耶作品の中では読みやすい作品ではないでしょうか。ドラマ原作なのでまずこれを読むのが一番いいかなと思います。が、

 

推理などという〈雑事〉はすべて、使用人任せ…。
「趣味」探偵の謎の青年が、生真面目な執事や可愛いメイド、巨漢の運転手などを使い、難事件を解決する。
知的スリルに満ちた本格ミステリー!

 

Amazonの紹介文にあるように、探偵が推理をしません。私は安楽椅子探偵かな?と思って読み始めたのでびっくりしました。

いろんな意味で強烈なのでもしかすると今までミステリを読んだことがない方は少し混乱してしまうかもしれませんが、さすがの謎解きと独特の雰囲気でとてもおもしろい作品です。どんなドラマになるのか楽しみです。

 

メルカトル鮎木更津悠也シリーズ

長編作品。麻耶先生のデビュー作、「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」から始まるメルカトル鮎木更津悠也シリーズです。

デビュー作なので2番目にご紹介しましたが、合わない人は本当に合わないし(何においてもそうですが)、正直私は「なんかちょっと読みづらいな…」と思いました。しかし読了後の何とも言えない胸のうずうず、だまされた、楽しい!という気持ち、最高です。後味がいいとは言ってない。

 この作品からメルカトル鮎シリーズ、木更津悠也シリーズ、メルカトルと美袋(あえて分けます)シリーズとなっていくので、まさしく原点であります。

 

メルカトル鮎と美袋三条

メルカトル鮎シリーズに分類されるのですが、あえてわけました。私の大本命!

短編集です。現在「メルカトルと美袋のための殺人」「メルカトルかく語りき」の二冊が刊行されています。メルカトルと美袋のための殺人は解説に翼ある闇のネタバレがあるのでご注意ください。

あまりにも非道、ブラックでシニカル、倫理観って何だったっけ…?と混乱してしまう、それはそれはおそろしい短編集なのですが、探偵役であるメルカトル鮎の友人・美袋三条*1の視点で淡々と事件が描かれていて、読みやすい作品です。

 まず、探偵であるメルカトル鮎が、すごい。語彙力なくて非常に申し訳ないのですがもうすごいとしか言えない。人間性が無理。許せない。言動に難がありすぎる、傲岸不遜で傍若無人な銘探偵*2です。

二冊の短編集でメルカトル鮎(以下「メル」)がやっていることといえば、推理と美袋三条(以下「美袋くん」)をいじっていじめていびり倒すことだけです。美袋くんをいじっているときの彼はとても生き生きとしている。

 「哀しいかな、基本的に私は長編に向かない探偵だな」と自称する通り、短編ではメルの魅力と恐ろしさがこれでもかというほど表されていて、最初は「ふざけるな」「ひどい」「許すまじ」と思うのですが、だんだんと、この人すげえやばいのになんか…なんか…好き……と抗いがたい魅力にどっぷり浸かり、気が付けば未収録の短編を求めて大阪から東京の国会図書館まで行っていました。

ジャニオタにも覚えがあるでしょう?最初は何だこの子と思っていたのに、だんだんと惹かれていって、気が付けば全身沼に浸かっていてどうがんばっても抜け出せない状況。それです。

そして、語り手である美袋三条、通称美袋くん、二冊の短編集は彼の視点で淡々と進んでいくので、メルのことはよくわからないけど美袋くんはまあ理解できるかもしれません(共感はできない)

彼は大学時代からのメルカトル鮎の友人で、ミステリ作家です。メルの解いた事件をネタにしてご飯を食べています。そのためメルに対してちょっと強くでれないのですが、もともとの人間性が強いため、普通に強気です。私がため殺*3を読んで麻耶作品に転がり落ちたのは、メルと美袋くんのやりとりが非常に好みだったからです。お互い馬鹿にし合い、こきおろし、雑な扱いと嫌みの応酬で殺伐としているのに、やっぱり「友人」で仲が良い。そんなところにとても惹かれます。「いつか殺してやる」ってやばくない?鮮烈。

ただ、美袋くんも割とひどい性格をしているので、そこを楽しめるかどうかがポイントかなと思います。私はここまで突き抜けてると逆に最高だなという気持ちになりました。

 

神様ゲーム

悪いことは言わない、これを最初に読むのはやめたほうがいい。

 

 

以上が、私のおすすめ麻耶作品です。この記事で少しでも興味を持ってくださった方は本屋さんで探してみてください。絶版になっているものもあるのですが、ドラマ化の勢いで復刻してくれることを願っております。あと単行本未収録の短編!悪人狩り!よろしくお願いします。

ドラマ貴族探偵、本当に、本当に楽しみです。相葉くんは三毛猫ホームズに続き2作目のミステリですね。相葉君がどんな探偵になるのかわくわくします。推理はしないんですけど。

メルと美袋くんに偏ってしまい、肝心の貴族探偵が全然ご紹介できていないのですが、短編集ということもあり非常に読みやすい作品であると思いますので、是非一度お手に取ってみてください。

*1:みなぎさんじょう

*2:名探偵ではない

*3:メルカトルと美袋のための殺人

堂本さんと堂本さんで #自担をモデルにした小説があるとすればその書き出しは を考えてみた。

KinKi Kids

twitter.com

私は本を読むのは好きなのですが専ら本格ミステリで、今まで自分で小説を書いたことも書こうとしたこともなかったのだけど、これは楽しそう!とわくわくしたのでその勢いのまま考えてみました。 

漠然とした内容も書き残しておくことにします。

twitter.com

音楽を愛する主人公が命を題材にした歌を作ろうすることにより、「君」というひとりの人間を深く知っていくお話。「君」が生きる姿と、その美しさ。

 

twitter.com

眠るたび水の中で死んでいく夢を見る主人公のお話。最後は夢と現実の境が曖昧な感じになると思います。着想は剛さんを水槽に入れて飼いたいという光一さんの発言より。

 

twitter.com

「俺とお前」の関係性の変化を色でたとえていくお話。はじめは灰色だった二人がどんな色に変わっていくのか。

 

twitter.com

ベタな関西弁を書いてみたくて。これの続きを書くとしたら、どこかの一室で思い思いに過ごす二人のうちの片割れがなんともなしに独白してる感じになると思います。

余談ですが、私は関西人だけど奈良でも兵庫でもないのでキンキのお二人が使っている関西弁とはまた違います、というか、キンキはなんだかふしぎな関西弁を使っているなあと思います。

 

twitter.com

これはちゃんと設定を考えました。自分の一番大切なものが花になってしまうお話。

「俺」に向かって伸ばされた腕が触れる前に不自然に止まったのは、触れてしまうと花になるかもしれないことが怖かったから。だけど本当に怖いのは、触れても花にならなかった場合。大切なものは何だろうというお話。

キンキ沼に片足を突っ込みかけてる方にお勧めする5つの歌番組

KinKi Kids

 私は「最近キンキが気になる」と言われた場合、まずCDは「39」を、DVDは「We are φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08*1をお勧めしています。どちらも10周年を記念し発売されたので少し前のものになりますが、キンキに興味ある方にこれらを聴いて・見ていただけるとだいたいはまってもらえると思います。*2

ですがこのエントリーでは、まだコンサートDVDを見るまでじゃないけどとにかく二人の関係性が気になるという方や、とりあえず歌ってる姿を見てみたいという方向けに、過去にキンキが出た歌番組の中で私がぜひこれを見てもらいたい!と思ったものをご紹介します。(※動画の貼り付けはしません)

 

MUSIC STATION 2005年6月10日放送

通称「3回打ちひしがれ事件」、もうこれはほんっとうに見ていただきたいです。「ビロードの闇」を歌っている最中に事件が起こりますが、ファン的にはその後カメラに抜かれたふたりの姿も大事件です。そして生歌の安定感(歌詞の安定感は除く)がすごいです。これだけ踊ってこれだけ歌えるKinKi Kidsかっこいいです。

 

うたばん 2006年11月30日放送

Harmony of December」を歌っています。

歌番組と言いつつ、すみません、これは完全にトーク部分で選びました。「お互いが好きだ→2人」や、生姜焼きVS豆乳鍋など可愛さが盛りだくさんです。中居くんといえば過去にキンキに対して「死ぬときは同時に死んでほしい」という名言を残された尊敬すべき先輩ですが、この回でも素晴らしい働きをしてくださっています。

余談ですがHarmony of DecemberはMステもお勧めです。可愛いです。なんかもう本当にキンキってすごいです。

 

MUSIC FAIR 2007年11月17日放送

「硝子の少年」「永遠に」「銀色 暗号」「Anniversary」を歌っています。

キンキの音楽に欠かせない存在である吉田建さんもご出演されていて、一見の価値ありです。そして、歌も素晴らしいですが、トークが!トークがとてもよいです!ふたりだけで10周年について話しているときに、だんだん向かい合っていってしまうのがとてもキンキらしいです。司会の方が横にいるにも関わらず完全にふたりの世界です。

 

Mステスーパーライブ 2009年12月25日放送

スワンソング」を歌っています。距離感にご注意ください。

まるでキンキコンにいるかのような、自由なふたりがおそろしく可愛いです。私の冗長な感想など無駄でしかありません。とにかく見ていただきたいと思います。

 

SONGS 2013年12月14日放送

メドレーで「硝子の少年」「愛されるより 愛したい」「ボクの背中には羽根がある」と、「好きになってく 愛してく」「まだ涙にならない悲しみが」を歌っています。

ものすごく個人的な感想になりますが、「好きになってく 愛してく」はキンキの合作曲で二番目に好きな曲なので、歌う姿を2010-2011年のコンサート君も堂本FAMILY以来に見れてうれしかったです。歌のパートだけではなく、ふたりで共有する思い出を穏やかに語る姿もとても素敵です。

 

以上5つが、キンキ沼に片足を突っ込みかけてる方に見ていただき、そしてそのまま全身どっぷり沈んでほしい歌番組です。ご紹介させていただいた回以外も可愛いしかっこいいしおもしろいし歌うまいし最高なので機会があればぜひ!

そして冠番組だった堂本兄弟はあえて外したのですが、キンキが歌う回もそれ以外のギターを弾いてる回もトーク中もキンキらしさ満載なのでこちらもぜひ~。

*1:絶対に初回盤

*2:私の周辺での成功率はほぼ100%です

希望は君の形をしてる(戸塚祥太さんに寄せる短歌)

短歌 A.B.C-Z

「広島に原爆を落とす日」のディープ山崎や、「出発」の一郎ちゃんを詠んだものもあります。

 

::::: 


「幸せになりたいね」ってわらってた。きれいなものの裏はかなしみ

 

あの夏のにじんだ星をおぼえてる?幸福だって掴んであげる


雨の音したから駅に逃げ込んだ あのときいっしょに死ねばよかった

 

2メートル先に迷子の君がいる 飛べなくたっていいよだいすき

 

ブラウン管の向こうに投げる淡い恋、一瞬触れて、はなれて、触れて、

 

清冽な水の滴るまろい頬 君って薄荷の味するのかな

 

なんとなく君を壊してみたくって、薄氷(うすらい)割っちゃう。ぱりん ぱりん

 

優しさを目尻に乗せて笑う人 希望は君の形をしてる 

ダイヤモンドのきらめきを恋う(堂本剛さんに寄せる短歌)

短歌 KinKi Kids

ソーダ水弾けたようなどしゃぶりの雨に溺れる よそ行きの愛

 

寒空で一等光る君のいるそこがおそらく宇宙の果てだ

 

雨粒を涙のかわりに頬で受け にじむ世界に咲く赤は花

 

朝ぼらけ遠い記憶のあの笑顔 生きる、生きてるだけでしあわせ

 

ひび割れたビー玉みたいな月を見てダイヤモンドのきらめきを恋う

 

::::: 

 

続きは短歌ではなくただのラブレターです。堂本剛さん、36歳のお誕生日おめでとうございます。

 

続きを読む

短歌とブログ、はじめてみました。

短歌

かねてから楽しく拝見していた芦屋こみねさんの短歌結社「明星」が再開されたことをきっかけに、一昨日、初めて短歌を詠んでみました。授業でもやったことなかったのです。


いざ詠んでみると、31音という限られた枠の中に気持ちを込めるのがとても楽しくて、気がつけばこの三日間ずっと言葉と遊んでいました。せっかくなのでログも兼ねてまとめたいと思い、ブログを始めた次第です。

文章を書くのは得意ではありませんが、短歌もブログも、楽しく続けてゆければいいなと思います。


ashiyakomine.hatenablog.com

 


自分のテンションが高いうちに、と思い、明星さんへ短歌を送らせていただきました。以下の三首です。

 

  • 何食わぬ顔してかたく手をつなぐ「仲悪いの?」って、そんなこと聞く? (KinKi Kids)
  • 神様がいないってこと本当は知ってるんでしょ?バカのフリやめて (アイドル)
  • 「刺すような目をしてるんだね」双眼鏡越しの君は鮮烈な けもの (佐藤勝利)

送信する瞬間とても緊張しました(笑)
これからも一読者として楽しみにしながら、また機会があれば参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。